ホーム

太陽電池の寿命について

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電を設置しようと考えるにあたって、太陽電池の寿命はどのくらいなのかが気になるところです。

太陽光発電装置は、寿命がとても長く・故障率もきわめて低い優れた発電システムと言われています。なぜならもともと太陽電池は一般住宅用に開発されたわけではなく、人工衛星や灯台などの修理や保守など、メンテナンスが難しい場所の電源のために開発されているからです。

「シャープ」の太陽電池は、「JAXA」(宇宙航空研究開発機構)の認定を日本で唯一受けており、2009年2月時点には人工衛星160基で採用されているほどです。灯台用としては、長崎県の尾上島灯台が1966年に設置されたのを皮切りとして、今では約2500ヶ所の灯台で設置されています。

太陽電池を構成している「シリコン」は、“半永久的”に稼働すると考えられています。また、太陽電池は強化ガラスで表面がカバーされており、腐食する心配もありません。さらに、振動する部分や可動する部分もないので、故障する確立が非常に低いと言えます。これらの事実から、期待寿命は20年以上とされています。

ただし、パワーコンディショナ(電力の変換装置)は、使用年数の目安が10~15年とされているので、交換する必要があります。現状では、パワーコンディショナを交換するには20万円ほどかかってきますが、今後普及してくれば、その価格も徐々に下がることが考えられます。

太陽光発電の発電量は?

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電の発電量は、地域の気象条件によって差があります。太陽光発電では、日照量が大きく影響しますので、日照量が多い地域であれば、発電量もより多くなります。

気象庁の気象データによると全体的な傾向としては、日照時間が最も長いのは太平洋側の地域で、日本海側ではやや不利になるようです。北海道も同様に、太平洋側に位置する釧路市の日照時間は長いようです。少し意外なのは、沖縄の日照時間がそれほど多くないことです。沖縄は天気の良い日が多いというイメージがありますが、実際のところ、沖縄では曇りや雨の日が多いということでした。

発電量は日照時間が大きく影響することには間違いありませんが、それ以外の条件によっても影響されます。住宅向けの結晶型太陽電池の変換効率は、高温になると低下するとされています。そのため、日照時間が多い地域でも、気温が高い所では、発電量が低下することもあります。なお、薄膜シリコン型や化合物系半導体を利用した太陽電池は、高温になっても変換効率が低下しにくいと言われています。高温地域の場合には、それらの製品を検討するといいかもしれません。

ただし、太陽光発電システムを住宅に設置する場合、最も発電量に影響が出るのは、屋根の方角や太陽光発電パネルの総出力数などです。日照量の多い場所でも、このような設置条件が揃っていなければ、十分な発電量が得られないのが現状です。

太陽光は何年で採算はとれる?

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電を設置する費用や、どのくらい(何年)使用すれば採算がとれるのか気になりませんか?

太陽光発電の補助金制度(2010年度)を見てみると、「1kWあたり工事費込みで65万円以下であること」と定められています。住宅用の太陽光発電の平均容量が3.81kWの場合は、目安となる設置価格は65万円×3.81kWで248万円以下になると推定されます。また、2010年12月24日までなら補助金制度を利用することで、10%以上お得な価格で設置することができます。2012年になると、100万円台から設置できるシステムも登場しています。

具体的な費用としては、機器費の内容を見ると、太陽光モジュール・アレイケーブル・ 架台・インバーターなどがあります。工事費の中身は、電気配線工事費・太陽電池や架台・モニターの据付工事費・その他に竣工検査の立会費や申請手続きが必要になります。

また設置価格については、自宅の屋根材の形状や面積、種類、設置kW数などにより異なってきますので、・太陽光発電システムの発電効率やその内容・使用するインバーターやモジュールなどの機器・屋根に取り付ける金具や取り付け工法・工事の内容によって変わってきます。

一般的には約10年前後で導入にかかった費用を回収できると言われています。費用の回収期間の詳細は、導入する際の初期費用や家庭の毎月の電気代によって大きく異なりますので、導入する前にシミュレーションを行って採算に見合うかどうか検討することも大切だと思います。

また、設置前の太陽光発電システム選びや、設置後の努力によって費用の回収期間を早めることができる場合もあります。例えば、大きめなシステムを設置して、発電量を多くし売電量を増やすしてみたり、発電状況を毎日確認することで、節電に対する意識が変わってくるそうです。

太陽光を導入する前に

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電システムを設置する前に、ある程度の知識をつけておくべきと考えます。

設置業者などに実際に相談する際も、一般的な情報が頭に入っていればスムーズに話が進みますし、より理解を深めることができるからです。

インターネットから設置業者や太陽電池メーカーのホームページを見たり、太陽光発電のイベントや展示会に参加したり、製品カタログを複数のメーカーから入手して見比べたり、すでに設置している人の話を聞いたりして、情報を収集することができます。

また、太陽電池モジュールを取り付ける屋根を調べておくことも大切で、屋根の形状・面積・傾斜・方位などは、発電量に大きく影響してきす。自宅の設計図面がある場合は、手元に用意しておくと便利です。また、自宅の周りに大きな樹木や高層建築物といった、太陽光を遮断するものがないかも確認していおいた方がいいと思います。

太陽光によって発電しますので、日射量が重要なポイントになりますので、住んでいる地域の日射量を調べて、発電量がどのぐらい期待できるのか?どれくらい電気代が節約できるのかについて、シミュレーションをするのもいいかもしれません。

最後に、ガス代や電気代などの光熱費が、毎月どれくらいかかっているのかチェックすることも大切です。

夏場と冬場では光熱費に違いがありますので、検針票をとっておいて確認しておくとともに。昼か夜のどちらによく電気をよく使うかなど、家族の生活パターンもチェックすることで、より節約が可能となるはずです。

太陽光発電のデメリットは?

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電のデメリットですが、使用する人によって異なるケースもあります。例えば、夜間の発電がない・パネルに雪が積もると発電しないという点が挙げられます。ただこういう特徴に関しては、販売店側の説明が不十分であることも要因だと思います。

システムに関しては、お客さんにしっかりと把握してもらうために、販売店は詳細な説明を惜しまないのが務めですし、利用者も不明な点があったら、どんなことでも質問することが大切です。

そんな中で、特に知っておいて欲しいことはシステムの設置後にかかる経費ではないでしょうか。たとえば、パワーコンディショナは寿命が10年前後と言われています。ほとんどのメーカーで、「10年保証」が付いていまずので、10年以前に故障した場合は無償保証の対象となりますが、10年経過してから故障した場合は、お客さんの負担で取り替えする必要があります。

また、買電メーターと売電メーターは、10年毎に取り替える義務があります。買電メーターに関しては、電力会社が負担してくれますが、売電メーターはお客さん自身で負担する必要があります。メーターの価格は、2万円~12万円と電力会社によって大きな差がありますで、販売店に確認しておくと安心です。先々に必要となる経費は、太陽光発電のデメリットでもありますので、販売店を選ぶ際は、詳しく説明をしてくれるとこを選ぶのが得策です。

もちろん、太陽光発電 補助金というお得な制度もありますので、導入前にお近くの市役所や補助金に詳しい人に確認しておくことをおススメします。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報