ホーム

太陽光発電の業者を選ぶ際に

読了までの目安時間:約 3分

太陽光発電システムの施工を行う業者はたくさんあり、会社によっては、費用が安かったり・丁寧で親切など、特徴に違いがあります。太陽光発電の寿命は長く・業者との付き合いは長年に及びますので、しっかり業者選びをしていく必要があります。

太陽光発電を選定するにあたり、「いくつかのメーカーの製品を比較してから検討してから購入すればよかった」という意見が多く見受けられます。また「保証内容をきちんと確認すればよかった」という意見もありました。太陽電池はメーカーによって性能や価格、メンテナンスなどについて特徴がありますので、しっかり検討する必要があります。

施工業者には、「1つのメーカーの商品だけを扱う会社」「複数メーカーの商品を扱う会社」があります。後者は、多くのメーカーの中からお客さんの家に合った商品を提案してくれるので、どのメーカーが最適か分からない場合に役立ちます。

太陽光発電を導入する際には、お客さんの屋根を現地調査し、見積もりをしたり・環境効果や経済効果のシミュレーションをしたりします。正確に見積もりが出ていない段階で、太陽光発電システムを導入すると、「発電効率が思ったより悪い」「見積もりを上積みされてしまった」と、後悔することになります。

シミュレーションは、電力会社などの正確な計算方法によって計算されたものを基準にするといいと思います。光熱費がこれまでよりも安くなるように、シミュレーションをしっかりと行うことが重要です。見積書の記載方法もさまざまありますが、内容が詳細に明記されており、説明がきちんとできる見積書は信頼できます。

また、太陽光発電システムを施行する業者を選ぶ際は、施行の体制を確認する必要があります。「施工」とは工事のことを指します。太陽光発電システムの施行業者には、自社の工事部門で施行を行う「自社施工」と、社外に発注して施行を行う「外注施工」に分かれています。

自社で施工する場合は、販売から施工まで1つの会社で行いますので・質の良い工事を安くできます。また、お客さんの情報や施行内容を社内で共有できるため、要望やトラブルへの対応もすばやくできます。

その一方で外注施工の会社は施工能力がないので、細かい工事の監理ができず・技術面に不安を感じます。その結果、不具合が発生しやすいと言えます。また、自社で施工部門がないため、施工業者とトラブルを起こした場合などは自社で再施行を責任持って行うといった対応はできない可能性がありますので注意が必要です。

また、メンテナンスとアフターフォローをしっかりと行ってくれる業者に依頼することも大切です。太陽光発電は、寿命がとても長いので、長期的に使用することを考慮して、価格だけで決めるのではなく・信頼性も含めて選ぶことが大切です。

太陽光発電システム

読了までの目安時間:約 2分

切妻屋根:屋根の最頂部から地上へ向けて、本を伏せたように2つの傾斜面のある屋根のことです。住宅の屋根としては、最も一般的な形状です。比較的雨の多い日本においては、傾斜が急な屋根が多く、太陽光発電を考慮する際は、傾斜30°程度のものが発電効率が最も高いと考えられています。切妻屋根は形状がシンプルなため、パネルも配置しやすううえに、発電量の確保がしやすいという特長もあります。切妻屋根におすすめのメーカーは、三菱、東芝、カナディアン・ソーラーです。

寄棟屋根:傾斜面が四方向にある屋根ことで、切妻屋根と共に人気のある屋根です。シャープのコーナーモジュールは、細かい形状に応じた設置ができますし、年間の発電量もアップします。寄棟屋根におすすめのメーカーは、シャープ以外にも三菱や京セラがあります。

陸屋根:平らで傾斜のない屋根のことです。鉄骨造りや鉄筋コンクリート造りに多く見られます。別途架台の設置費がかかりますが、最大限にパネルの発電能力を発揮できる角度で運用することが可能です。陸屋根におすすめのメーカーは、三菱、東芝、カナディアン・ソーラーです。

片流れ屋根:傾斜面が一方向だけにある屋根です。設置面が南側にある場合は、パネルの性能を十分引き出すことができます。片流れ屋根には、東芝、三菱、カナディアン・ソーラーの太陽光発電システムがおすすめです。

電力の買取制度について

読了までの目安時間:約 2分

太陽光発電の助成金も再開され・電力の買取制度が始まったことで、さらに太陽光発電の普及が進むことが期待されています。そこで、この買取制度はどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、「Feed-in Tariff」(FIT):固定価格買取制度」について見ていきます。これは、太陽光発電システムによって発電させた電気の買取価格を、導入してから一定の期間保証するという制度になります。温室ガスの削減に貢献する新しいエネルギーを普及・拡大するためにできた制度です。諸外国においてはすでにスペインやドイツが導入しています。

日本で開始された新たな買取制度は、発電した量全てを買い取る欧州に対して、余剰分だけを買い取る点や、保証期間などについて相違点もありますが、太陽光発電システムを導入するにあたってのメリットは感じています。

新しい買取制度では、各電力会社が家庭の太陽光発電によって余った電力を買い取ります。その買取価格は全国一律となっており、一般住宅の場合は1kWhあたり「48円」、事務所や工場など非住宅用は「24円」となっています。ただ買取価格に関しては、太陽光発電パネルの価格や普及状況の動向を考慮して、毎年見直しを行っています。

なお、買取りにかかるコストは、電気を利用する人たち全員で負担するため、「太陽光発電促進付加金」として捻出されています。つまり、一般家庭の電気料金に対して加算されるということです。一般家庭で1ヵ月約100円になります。太陽光発電を設置していない家庭では、買い取り分がゼロなので、電気代は高くなることになります。

太陽光発電・シャープ

読了までの目安時間:約 2分

住宅用のシェアでナンバー1の会社になります。価格をみてもリーズナブルに感じます。シャープと言うと、液晶テレビというイメージがありますが、太陽光発電でも有名な会社になります。

シャープの住宅用太陽光電池は、多結晶シリコンタイプを採用しています。この表面上には電極線がはられており、その下には日光が当たらないような仕組みになっています。そこでこの電極線を細くすることで、セル全体の受光面積を増やすことに成功しています。

2011年には、「バックコンタクト」という技術を用いた単結晶型の製品を発表しています。この方式は東芝でも採用されています。また四角い太陽電池だけではなく・三角形の太陽電池ももっているのが特徴です。

さらにシャープでは、住宅用太陽光発電システムの10年保証制度に加入することを条件に、インターネットを用いた「WEBモニタリングサービス」まで行っています。

シャープという会社は、50年以上にわたって太陽光発電に取り組んできました。その道のりは1959年から始まり、住宅用のみならず・灯台や人工衛星・世界中のメガソーラー発電所など、さまざまな量気で活躍しています。しかも、国際規格よりも厳格な会社の独自基準の品質試験まで行っています。

集合住宅での太陽光発電

読了までの目安時間:約 2分

今までは太陽光発電といいますと、一般的には戸建て住宅がメインでしたが、ここ最近はマンションなどの集合住宅にも導入されるケースが増えてきています。

中古マンションよりは新築のケースが目立っており、共有スペースだけでなく・各戸に電気を分配して電力メーターを割り振る例も増えています。ただし、屋上に設置できる太陽電池は限られていますので、あまり世帯数の多いマンションでは制限があるようです。ということは、世帯数の少ないマンションでは太陽光発電は有効ということになります。

またここ最近では、大和ハウス・積水ハウスといった大手が賃貸物件への太陽光発電の導入を進めているようです。ただ、各戸への電力の振り分けは、やはり効率が悪くなるようです。

結果的には、入居者にはメリットはありそうですが、その分家賃が上がるのであればプラマイ0ということになります。そうは言いましても、太陽光導入済のマンションという宣伝を打ち出すことで、入居者は集まってくるような気もします。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報